ライドシェア(白タク)とは?日本でのトラブルや評価まとめ!

白タク

先月の10月20日の国家戦略特区諮問会議にて、安倍首相は『自家用車タクシー』について解禁に向けた検討を指示したようですね。

自家用車タクシーとは白タク(無許可タクシー営業)とみなされて違法となり、日本では禁止されています。

しかし、今回の会議で解禁を前向けに検討し、今後は『特区内での限定的な解禁』か『全国的な解禁』かの議論が行われてから結論がでるみたいです。

この自家車タクシーというのは、タイトルにあるライドシェアとも呼ばれており、アメリカではスマートフォンにて呼び出し用のアプリがあるほど世間一般に普及しているみたいです。

ちなみにこのアプリを提供している『Uber(ウーバー)』は試験的に日本の福岡市内で『ライドシェアの提供』を検討実験したようですが、国土交通省が道交法違反の恐れがあるからという事で中止するよう指導していたみたいですね。

こういうところは、せっかくの可能性をはじき出す日本の悪い癖だと思います。

さてそんなわけで、今回はこのライドシェアについての詳細や日本での評価やトラブル事例をまとめてみました!

ライドシェアとはどんなもの?

ライドシェアとは正式にはライドシェアリングと呼ばれており、空席がある車にて、同じ方面に目指す人たちを募って同乗しつつ同じ方角を目指す、相乗りの事です。

募った人たちと交通費を割り勘にすることで費用を節約することができるの最大の利点です。

欧州では、募集はSNSや大手の仲介サイトから募集してるようです。

日本ではのってこ!というサイトにてライドシェアの募集等を提供しています。

こちらは白タク行為とは違い相乗りを売りにしてるためか、ウーバーの時見たく指導が入ったりはしていないみたいですね。

また、2008年から今に至るまで大きなトラブルが起きていないのも閉鎖されていない要因の一つでしょうね。

すでにのってこ!でそこそこ会員が集まっているのをみると、今回法規制が緩和されれば、ウーバーのような白タク行為のライドシェアが普及しそうな感じです。

トラブル等は?

ライドシェアが普及している海外でのトラブル事例をあげると

Uberの契約ドライバーが利用客をハンマーで殴る

Uberのドライバーが車内にマリファナとアルコールを所持

女性の利用客に嫌がらせをした

等、問題も起きています。

このようなトラブルを未然に防ぐためにも法規制はしっかりとしてもらいたいところですね。

ライドシェアの評価は?

のってこ!の評価を見ていると、ライドシェアを募集する側は人柄がよく、気さくで話やすい人が多いみたいです。

ただ、タクシーの運転手でもそうですが、当たり外れはありそうな感じですね。

逆にライドシェアを頼んだらドライバーが女性で緊張したという声もありました。

女性のタクシードライバーは見かけることがほとんどないので、男性側からしたら緊張するかもしれませんが、女性の利用客にとっては安心できそうですね。

 

まだ先になるでしょうが、本格的にライドシェアが始まったら自分も利用してみようかな?って思っています^^