スワンステークス(2015)の予想!過去データの傾向は?

今週行われるスワンステークスですが、過去の傾向を見てると、人気通りに決まらない事がが結構あるようです。

そんなわけで今回はそんなスワンステークスの過去10年の傾向を調べてみました!

スワンステークス過去10年の傾向

人気

1番人気 2-1-0-7

2番人気 0-0-1-9

3番人気 3-2-2-3

4番人気 1-2-0-7

5番人気 1-0-1-8

6番人気 0-0-1-9

7番人気 0-0-1-9

8番人気 1-1-1-7

9番人気 0-1-0-9

10番人気 0-1-3-6

11番人気 1-0-0-9

12番人気 0-0-0-10

13番人気 0-0-1-9

14番人気 1-0-0-7

15番人気 0-0-0-7

16番人気 0-1-0-6

17番人気 0-0-0-5

18番人気 0-0-0-5

脚質

逃げ 3-2-1-4

先行 3-3-2-28

差し 4-4-4-55

追込 0-1-3-45

前走

スプリンターズステークス

2-0-2-36

安田記念 1-1-2-4

年齢

3歳 2-1-0-23

4歳 5-5-3-17

5歳 0-3-5-41

6歳 2-0-1-31

7歳 1-1-1-12

8~ 0-0-0-8

枠順

1枠 1-1-2-13

2枠 0-1-0-16

3枠 0-0-2-16

4枠 1-2-1-16

5枠 0-1-1-18

6枠 3-3-0-16

7枠 3-1-2-19

8枠 2-1-2-20

これらの情報は無料登録過去10年分の重賞やそれ以外のレースデータも見れる競馬情報サイトKLAN様より調べさせてもらいました。

ツイッターやフェイスブックからの簡単登録もでき、非常に使える管理人お勧めのサイトとなります!


 

過去の傾向データからみた推奨馬

今回のデータからみて、スプリンターズステークス組の巻き返しが中々無視できない感じでした。

また年齢も4歳勢が5とかなり安定しています。

それらを踏まえた推奨馬がこちらになります。

過去データからみた推奨馬

ベルルミエール

コパノリチャード

サトノルパン

フィエロ

この四頭になりましたが、枠次第でまだ変わるかもしれないです。

 

天皇賞秋(2015)の予想!データから見た枠順の有利不利は?

今は天皇賞秋がありますね!

昔は天皇賞秋は昔から荒れる傾向があり、過去10年でみると、3番人気までの馬で3勝しかしていません。

今年の天皇賞秋も過去傾向に照らし合わせるとラブリーデイには不安要素が含まれています。

そんなわけで過去10年の傾向から今回もおいしい馬券を探して当てたいと思います!

天皇賞秋の過去10年の傾向データ

人気

1番人気 3-3-2-2

2番人気 0-3-3-4

3番人気 0-0-2-8

4番人気 1-1-0-8

5番人気 4-0-0-6

6番人気 0-0-2-8

7番人気 1-3-0-6

脚質

逃げ 0-1-0-9

先行 2-4-3-26

差し 8-4-4-61

追込 0-1-3-47

年齢

3歳 0-2-3-10

4歳 4-4-2-30

5歳 5-4-3-39

6歳 0-0-2-26

7歳 0-0-0-29

8歳 1-0-0-10

枠順

1枠 3-2-1-14

2枠 2-1-0-17

3枠 0-0-3-16

4枠 1-3-2-14

5枠 0-3-0-17

6枠 2-0-2-16

7枠 2-1-1-22

8枠 0-0-1-28

前走

毎日王冠 6-3-2-49

宝塚   2-3-1-16

札幌記念 0-1-0-27

オールカマー 0-1ー0-27

毎日王冠の戦績がずば抜けているので、毎日王冠からのローテで天皇賞秋で3着までにきた馬のデータをまとめました。

毎日王冠

1着から天皇賞秋で3着以内の振り分け

1着3回2着1回3着1回

2着から天皇賞秋で3着以内の振り分け

1着2回2着1回3着0回

3着から天皇賞秋で3着以内の振り分け

1着1回のみ

着外からの天皇賞秋3着以内の振り分け

1着1回(エイシンフラッシュ)2着1回(ペルーサ)

こんな感じになりました。

毎日王冠組は着外組も気にしないといけませんので注意が必要ですね!

これらの情報は無料登録過去10年分の重賞やそれ以外のレースデータも見れる競馬情報サイトKLAN様より調べさせてもらいました。

ツイッターやフェイスブックからの簡単登録もでき、非常に使える管理人お勧めのサイトとなります!


 

傾向データから見た買い目推奨馬

今回はデータから4,5歳と毎日王冠組の2点が突出しているのでこの2点を中心で買い目をまてようと思います。

傾向データからみた推奨馬はこちらになります。

5枠9番 エイシンヒカリ

1枠1番 ディサイファ

イスラボニータとスピルバーグも推奨したいところですが、8枠で過去14年までさかのぼってもシンボリクリスエスしか勝った馬がいないため、今回は切りたいとおもいます。

スプリンターズステークス印象に残る歴代優勝馬の動画まとめ!

スプリンターズステークス

秋のG1第一段のスプリンターズステークス。

1200m70秒の短い中からいくつもの名勝負が生まれてきました。

そんなスプリンターズステークスの過去レースから、管理人の独断と偏見で印象に残るレースや歴史をまとめてみました!

スプリンターズステークスの歴史

第一回は1967年に4歳(現3歳)以上のハンデキャップ戦として中山1200mで創設される。

当時の唯一の中央競馬のスプリント重賞だった。

記念すべき第一回の勝ち馬はオンワードヒル牡4歳で勝ちタイムは1:12.1

1984年にはグレード制導入に伴いG3に格上げ、1987年にG2、1990年にG1に格上げされた。

1984年G3格上げ時の勝ち馬はハッピープログレス牡6歳で勝ちタイムは1:10.3

1987年G2格上げ時の勝ち馬はキングフローリック牡4歳で勝ちタイムは1:09.5

1990年G1格上げ時の勝ち馬はバンブーメモリー牡5歳で勝ちタイムは1:07.8

G1に格上げされたと同時にこれまで1:08.4が最高の勝ちタイムだったのが一気に短縮され、レベルも一気に上がった。

G1格上げの第一回を勝ったバンブーメモリーのレースです

ダイタクヘリオスやパッシングショット等懐かしいメンバーですね。

1994年より国際競争になり、1995年から地方所属馬も出走可能になった。

国際競争になってからは2005年の香港のサイレントウィットネスが初の外国馬の勝利で、地方馬はいまだ勝利がない。

1990年から1999年まではマイルチャンピオンシップの後で有馬記念の前週に行われていた。

2000年からスプリント体系整備に伴い秋G1の初戦に変更されて、現在に至っている。

2005年から、国際スプリントシリーズの第八戦に本競争が組み入れられている。
“スプリンターズステークス印象に残る歴代優勝馬の動画まとめ!”の続きを読む

菊花賞歴代のお勧め動画は?ブライアンやディープ等!

菊花賞は強い馬が勝つ!

昔から言われている競馬の格言ですね。

最近は長距離レースは廃れてきているイメージが強く、春のクラシック勝ち馬は菊花賞には向かわず天皇賞に向かったりしたり、長距離に強い血統が多かったメジロ牧場は近年はついていけずに潰れてしまったりしてしいました。

しかし、それでも歴史ある菊花賞はやはり素晴らしいレ―スがたくさんありますし、三冠馬誕生の瞬間なども見る事ができる素晴らしいレースだと思いますし、実況でも名言がたくさん生まれているレースだと思います。

そこで管理人が記憶に強く残っていた菊花賞を今回紹介したいと思います。

管理人のお勧め菊花賞ベスト5

第五位

ミスターシービー

19年ぶりの三冠のかかったレースにて最後方からレースを進めていたミスターシービーが京都の坂の上りから仕掛けるロングスパートで押し切るという強い競馬内容でした。

第4位

セイウンスカイ

ダービー馬のスペシャルウィークが1番人気でセイウンスカイは2番人気、無冠んのキングヘイローの三つ巴の菊花賞。

セイウンスカイが終始他を寄せ付けない大逃げで、最後まで押し切るという内容。

横山典弘の騎乗センスの光る素晴らしいレースだったと思います。

第3位

ナリタトップロード

春無冠のナリタトップロードが悲願のG1制覇したレースです。

速め抜け出しから押し切りを計るトップロードにオペラオーが迫ってくるも、何とか凌いだところがゴールという実力馬2頭のレースが良かったです。

また、実況の杉本清も祝福しながらのゴールで非常に印象に残るレースでした。

第2位

ディープインパクト

誰もが知ってる名馬ディープインパクトが個人的には第2位です。

レースは豊ら丁寧なレース運びで直線も危なげなく逃げるアドマイヤジャパンを差し切ってゴールというレース。

アドマイヤジャパン騎乗の横山典弘はディープに勝つための最善のレースをしたと思いますが、それでも全く歯が立たない感じでしたね。

実況の『これが日本近代競馬の結晶だ!』ってのも個人的に良かったと思います。

 

第一位

サクラスターオー

 

第1位はサクラスターオーです。

この馬は生後2か月で母親を亡くしてしまい、母サクラスマイルの唯一の産駒でした。

皐月賞を制した後、繋靭帯炎になり休養を余技なくされてしまい、ぶっつけで菊花賞を目指す事になってしまいます。

そのために菊花賞では、皐月賞馬といえども人気は9番人気と低評価。

しかしそれでも、レースでは直線で堂々と先頭にたち押し切るという横綱相撲で制しました。

この時の杉本清アナウンサーの名実況として『菊の季節に桜が満開!』というフレーズは今でも語り継がれるほど有名になりました。

この後サクラスターオーは有馬記念で故障してしまい、そのまま予後不良という悲しい結末を迎えてしまいました。

競走馬には故障がつきものですが、これほどの名馬が若くして亡くなるのは非常に残念でしょうがないです。

ただ、叔父のサクラユタカオー、からサクラバクシンオーへとその血筋は現在まで受け継がれてきました。

いつか、この受け継がれてきた血脈からサクラスターオーを彷彿させる名馬が生まれてきたほしいですね。

菊花賞(2015)をデータから予想!トライアル組の有力馬は買い?

クラシック最後のレース菊花賞が今週末に行われますね!

今年は二冠馬ドゥラメンテが不在で無冠の馬達の戦いとなり、混沌としたレースになりそうで。

しかし、過去10年の傾向からある程度どの馬が買い目となるかが見えてきましたので、そこを紹介したいとおもいます。

菊花賞過去10年の傾向

人気

1番人気 5-1-1-3

2番人気 0-2-0-8

3番人気 1-0-4-5

4番人気 1-1-0-8

5番人気 0-2-0-8

6番人気 0-2-1-7

7番人気 1-1-2-6

8番人気 2-0-0-8

9番人気 0-0-1-9

脚質

逃げ 0-0-2-11

先行 8-4-3-19

差し 2-4-4-69

追込 0-2-1-9

種牡馬

ステイゴールド

2-0-0-7

種牡馬系統

サンデー系

5-8-6-84

前走

神戸新聞杯 9-7-5-47 

前走神戸新聞杯から菊花賞を勝利した馬は3着以内からの菊花賞出走となっていますので注意が必要になります。

“菊花賞(2015)をデータから予想!トライアル組の有力馬は買い?”の続きを読む

秋華賞(2015)を過去データから予想!枠順の有利不利は?

今週は牝馬クラシック最終となります秋華賞が行われますね!

過去10年の勝ち馬は1~3番人気が9勝と堅実な感じですが、2、3着には過去に15、16番人気の大穴がくるなどして、紐が荒れる傾向があります。

自分は単勝で手堅くいく派なので、紐はきにしてませんが、今回傾向を調べていると、人気馬でいやな枠に入った馬などもいたので、荒れる可能性が高まっていると思います。

今回はせっかくなので、過去の傾向からきそうな穴馬もピックアップしてみました!

秋華賞の過去10年の傾向

人気

1番人気 2-2-3-3

2番人気 5-2-1-2

3番人気 2-1-0-7

4番人気 0-0-2-8

5番人気 0-1-1-8

脚質

逃げ 1-1-1-10

先行 1-4-1-25

差し 8-3-7-61

追込 0-2-1-50

血統

ディープインパクト

2-2-0-8

系統

サンデー系

6-9-2-73

前走

ローズS  7-8-4-59

クイーンS 1-0-1-8

優駿牝馬  1-0-0-11

紫苑S   1-0-0-35

枠番

1枠  0-4-1-15

2枠  2-1-2-15

3枠  2-1-1-15

4枠  0-0-0-20

5枠  1-1-0-18

6枠  1-1-3-15

7枠  3-0-2-24

8枠  1-2-1-26

こちらのデータは無料の競馬情報サイトのKLAN様からまとめました。

メールやフェイスブックやTwitterとのリンク等から無料登録をする事で、当日の全レースのオッズや出馬表や出走馬情報、結果などの情報から、重賞以外のOP戦や特別戦等の情報や動画、結果等も過去10年分調べる事ができ、非常に役に立つ管理人いち推しのお勧めサイトです!

過去の傾向からみた買い目

先ほどのデータを見たらわかると思いますが、4枠が過去10年複勝圏内0回!という結果に。

しかも、過去15年に遡っても0回でした(笑)

人気のない馬が入っていたのもありますが、さすがに酷過ぎだと思います。

そして、そんな枠に今回人気馬のトーセンビクトリーが入っていて、中々難しい事になってます。

そんな中からこれらの馬を買い目としました!

単勝

8枠18番 ミッキークイーン  3000円

6枠11番 タッチングスピーチ 2200円

5枠10番 レッツゴードンキ  1800円

計7000円 でいきたいです。

穴馬はこれといって傾向もなかったので、手堅く取りたいと思います。

毎日王冠(2015)の予想は?歴代馬のデータから分析!

本日の毎日王冠は近年荒れる事で有名です。

過去10年で、1~3番人気で勝った馬は4頭しかいなく、勝ち馬からすでに荒れる傾向にあるようです。

そんな荒れるレースをなんとか仕留めるべく、過去の傾向データから予想をまとめました!

過去10年の傾向データ

人気

1番人気 2-2-1-5

2番人気 1-2-0-7

3番人気 1-0-0-9

4番人気 2-0-0-8

5番人気 0-1-3-6

6番人気 1-2-0-7

7番人気 0-0-0-10

8番人気 2-1-0-7

9番人気 1-0-3-6

11~13番人気 0-2-1-21

年齢

3歳 2-3-0-8

4歳 1-3-3-22

5歳 4-3-1-38

6歳 1-1-3-13

7歳 1-0-2-17

8歳~1-0-1-9

脚質

逃げ 0-3-1-8

先行 4-3-2-33

差し 5-2-5-39

追込 1-2-2-37

前走レース

宝塚   3-0-3-17

安田   1-4-0-17

地方海外 1-1-0-0

NHK  1-1-0-1

ダービー 1-1-0-5

札幌祈念 1-1-0-8

エプソムC1-0-1-8

勝ち馬は過去に条件不問で東京2000mを勝ってるパターンが多いので注意が必要

種牡馬

ダンスインザダーク

2-0-1-7

種牡馬系統

サンデー系

5-5-7-48
“毎日王冠(2015)の予想は?歴代馬のデータから分析!”の続きを読む

凱旋門賞(2015)の結果や動画!ゴールデンホーンの血統は?

ゴールデンホーン

 

凱旋門賞が先ほど行われて結果トレヴの三連覇を英・Jゴデス厩舎所属でⅬ・デットーリ騎乗のゴールデンホーンが勝利しました!

三連覇の偉業をかけたトレヴは残念ながら四着に敗れましたが、それでも過去三年の凱旋門賞での戦績が、二勝四着一回と素晴らしい戦績を残したと思います。

今回はそんな凱旋門賞の動画と勝ち馬ゴールデンホーンの血統や戦績などをまとめてみました!

凱旋門賞の動画

赤帽子の16番がゴールデンホーンです。

勝ちタイム 2:27.23

デットーリ 『最後の300メートルで非常に速く先頭に立ちましたが、この馬なら他の馬が追いつけないことを知っていました』『彼はおそらく私が乗った中で最高の馬です。

 

スタートしてすぐにペースメーカーの後ろ2番手を確保しよどみなく流れていきます。

直線に入るまでほぼ隊列は変わらず、中団に待機していたトレヴが直線に入りようやく前を捕えにいくも、直線に入った段階でゴールデンホーンは堂々と先頭に立ちそのまま2着フリントシャ―、3着ニューベイ、4着トレヴ等を寄せ付けずの完勝でした。

先行して上がり34.1ですから、後ろの馬は厳しかったみたいですね。
“凱旋門賞(2015)の結果や動画!ゴールデンホーンの血統は?”の続きを読む