スプリンターズS(2015)の予想は?過去10年のデータから解析!

今週の日曜日から、秋のG1戦線がいよいよ始まりますね!

そしてその第一弾であるスプリンターズステークスが今週はあります。

今年は短距離戦線に主役がおらず、さらに香港からリッチタペストリーも参戦していてかなりの大混戦が予想されます。

そんな混戦模様のスプリンターズステークスを、過去10年の傾向データからまとめて予想しました!

スプリンターズステークスの過去10年の傾向

人気

1番人気 4-2-0-4

2番人気 1-5-0-4

3番人気 2-1-1-6

4番人気 0-0-0-10

5番人気 0-0-2-8

6番人気 1-0-1-8

脚質

逃げ 3-1-0-6

先行 3-4-3-25

差し 4-4-4-58

追込 0-1-3-42

種牡馬

クロフネ

2-1-0-3

アドマイヤコジーン

2-0-0-3

キングカメハメハ

2-0-0-4

サクラバクシンオー

0-1-1-22

種牡馬系統

ヴァイスリージェント

2-2-0-4

年齢

3歳 1-0-1-9   勝率9.1%

4歳 3-2-4-13  勝率13.6%

5歳 2-6-3-36  勝率4.3%

6歳 2-1-2-34  勝率5.1%

7歳 1-1-0-29  勝率3.2%

8歳~1-0-0-10  勝率9.1%

前走レース

セントウルS 4-5-4-47

(勝ち馬ではなく2着からの本番巻き返しが三回あり前走セントウルステークス勝ち馬は0勝)

キーンランドカップ  2-3-3-26

北九州記念      2-0-1-6

地方・海外      1-1-0-10

安田記念       1-0-1-7

 

こちらのデータは 

競馬情報サイトKLAN様からまとめたものです。

メールやフェイスブックやTwitterとのリンク等から無料登録をする事で、当日の全レースのオッズや出馬表や出走馬情報、結果などの情報から、重賞以外のOP戦や特別戦等の情報や動画、結果等も過去10年分調べる事ができ、非常に役に立つ管理人いち推しのお勧めサイトです!

種牡馬別にみたところ、過去10年でサクラバクシンオーが0-0-1-22という酷い戦績には驚きですね。

今年の登録馬には、アフォード、スギノエンデバー、ビッグアーサー、ベルカントがいますので、出走してきたら割引が必要ですね。

また、中山には最後の直線で心臓破りの坂が待っている割に、逃げ馬が3勝しいるので注意が必要です。

今年の登録馬からだと、コパノリチャードやアクティブミノルが当てはまります。

参考レース情報

前走のステップレースをまとめました。

セントウルステークス2015

結果の詳細はこちら

キーンランドカップ2015

結果の詳細はこちら

北九州記念2015

結果

天候 晴れ

芝  良

小倉 1200m

1着  2枠3番  ベルカント   1:07.3

2着  3枠5番  ビッグアーサー 1:07.5

4着  6枠11番 バーバラ    1:07:8
“スプリンターズS(2015)の予想は?過去10年のデータから解析!”の続きを読む

ローズSトーセンビクトリー追切や前走動画と血統まとめ!

トーセンビクトリー

ローズステークスで初重賞挑戦の、超良血馬のトーセンビクトリーが出走してきますね!

全兄にトゥザグローリーとトゥザワールド等がおり、母のトゥザヴィクトリーは2001年のエリザベス女王杯の勝ち馬で2001年のドバイワールドカップ2着と競争、繁殖成績共に優秀な良血ファミリーの一員です。

今回重賞初挑戦にもかかわらず、クラシック上位勢を押しのけて前売り2番人気というのも納得な血統構成ですね。
“ローズSトーセンビクトリー追切や前走動画と血統まとめ!”の続きを読む

ローズSミッキークイーン追切やオークス動画と血統まとめ!

ミッキークイーン

ローズステークスの注目馬のミッキークイーンの追切や前走のオークス動画、血統情報等をまめました!

オークス一着からの4か月ぶりとなりますが、過去の傾向からオークスからの直行組は勝率9割な上に1番人気の勝率は5割なので信頼度は高そうですね!

ミッキークイーンの情報

ミッキークイーン2

ミッキークイーン

5戦3勝2着2回

父  ディープインパクト

母  ミュージカルウェイ

母父 Gold Away

調教師  池江泰寿

馬主   野田みづき

生産   ノーザンファーム

備考

母は現役時8勝

仏G2・ドラール賞,仏G3・ラクープドメゾンラフィット(2回)。
ほかに、伊G1・リディアテシオ賞,シャドウゲイトも出走していた2007年の香G1・香港Cで3着など。

タタソールズ・2008ディセンバー・ブリーディングストックセールに上場され、
吉田勝己氏の名義により、30万ギニー(約4400万円)で落札。

全兄に5戦3勝2着1回で休養中のトーセンマタコイヤがいる。

またこれまで産駒は皆ディープインパクトだったが、2015年産駒にはエンパイアメーカー、配合はキングカメハメハになった。

自信はデビューから連対率100%を維持しており堅実な走りを続けている。

全5レース中4レースが出遅れている。

しかし、上がりも4レースで最速を出しており平均34.3の上がりを安定してだしている親譲りの切れ味を持っている。

“ローズSミッキークイーン追切やオークス動画と血統まとめ!”の続きを読む

ローズS(2015)の傾向は?データや買い目の予想まとめ!

今週は牝馬クラシック最後の一冠であるおローズステークスがおこなわれますね!

今年は人気のルージュバックが勝ち切れず、桜花賞はレッツゴードンキが、オークスはミッキークイーンが制して、前評判の高かったルージュバックはそれぞれ9着と2着でした。

今回ルージュバックは噂ではぶっつけ秋華賞と言われているので、ローズステークには出走してませんが、その代わりにレッツゴードンキとミッキークイーン、さらに2歳女王のショウナンアデラ等、なかなか好メンバーがそろっていて面白い一戦になりそうな感じです。

そんなわけで、そんな好メンバーの中から過去10年の傾向による推奨馬をまとめてみました!
“ローズS(2015)の傾向は?データや買い目の予想まとめ!”の続きを読む

ヴェルメイユ賞(2015)トレヴの動画や血統情報まとめ!

トレヴ

先日、ヴェルメイユ賞(3歳以上 牝馬 G1 2400m 9頭)を圧勝したトレヴが凱旋門賞3連覇の期待が高まり話題となってますね。

そんなわけで、今回、トレヴの情報や前走のヴェルメイユ賞の動画などをまとめてみました!

トレヴの情報

 

トレヴ2

トレヴ

父   Motivator

母   Trevise

母父  Anabaa

調教師 フランス C,ヘッド

生産  Haras du Quesnay

10戦7勝 主な勝ち鞍

G1 ディアヌ賞 ヴェルメイユ賞2回 凱旋門賞2回 サンクルー大賞

備考

父モティヴェ―ターの父モンジュ―は日本のエルコンドルパサーを凱旋門賞で破り、また日本のジャパンカップに参戦(結果は4着)する等日本と縁のある馬であった。

父のモティヴェーターはモンジュ―の初年度産駒でエプソムダービーの勝ち馬。

母父のアナバ―はマイルで好成績を収めた種牡馬であり、現役時はモーリス・ド・ゲスト賞等を勝利していた。

血統的にトレヴは海外の有名どころの馬が入っており、良血の部類に入る馬だと思う。

トレヴ自身は2012年にデビューして、そこから破竹の5連勝で凱旋門賞制した名牝。(この時の2着は日本のオルフェーヴル)

ディヌア賞を勝利後2013年7月にカタール王族のシェイクジョハン氏にトレードされてる。

連覇のかかった二回目の凱旋門賞時は、2013年の時と違い調子が悪く勝ち星のない状態であり凱旋門賞でも昨年覇者にもかかわらず6番人気だったが、見事に復活した。

凱旋門賞2連覇はアレッジド以来36年ぶり、牝馬に限ると77年ぶりとなる快挙であった。

今年は前年とちがい、ステップレ―スを連勝して昨年とは打って変わって調子がいい。

まさに3連覇に向かって視界よしと言ったところか。

“ヴェルメイユ賞(2015)トレヴの動画や血統情報まとめ!”の続きを読む

セントウルS結果や動画とアクティブミノルの情報まとめ!

アクティブミノル2

先日のセントウルステークスは人気薄の三歳馬のアクティブミノルが見事に勝利をおさめましたね。

そんなアクティブミノルの情報や、セントウルステークスの結果や動画等をまとめました!

アクティブミノルの情報

アクティブミノル

アクティブミノル

父   スタチューオブリバティ

母   ピエナアマゾン

母父  アグネスタキオン

調教師  北出成人

馬主   吉岡實

生産   フジワラファーム

備考

昨年の函館2歳ステークスの勝ち馬であるアクティブミノルが今回のセントウルステークスを優勝しましたね。

母は1戦しかしておらず、本馬が初仔になります。

弟にアサクサキングス産駒のテゾーロミノル(2戦0勝)とヴィクトワールピサ産駒の1歳馬がいて、本馬とは違って、サンデーサイレンスのクロスを積極的に狙って配合しているよう。

本馬自身はデビューから2連勝して、その後パッとしなくなったので、早熟の短距離馬というイメージでしかなかった。

今回のレースで、短距離戦線の新興勢力として台頭してきてくれれば面白いのですが。。。

“セントウルS結果や動画とアクティブミノルの情報まとめ!”の続きを読む

京成杯AH(2015)の結果や動画フラアンジェリコ血統まとめ!

フラアンジェリコ

先日の京成杯オータムハンデは荒れるとは思っていましたが、まさかこんな大接戦で、あのような大波乱になるとは思いもよりませんでしたね。

しかし、このゴール前の写真判定をみると、さすがハンデ戦といった感じですね。

そんな、京成杯オータムハンデの動画と結果、そしてこの大接戦を制したフラアンジェリコの情報などをまとめました!

フラアンジェリコの情報

フラアンジェリコ2

フラアンジェリコ

父   ネオユニヴァース

母   カーリーエンジェル

母父  ジャッジアンジェール

調教師 斎藤誠

馬主  サンデーレーシーング

生産者 ノーザンファーム

備考

叔母は名牝ダイナカールで兄弟に高松宮記念勝ち馬のオレハマッテルゼやマイラーズカップ勝ちのエガオヲミセテ等がいる超良血馬。

その血統背景からか、サンデーレーシングでの募集価格は6000万で40口募集の一口150万となる。

昨日の時点で獲得賞金1億4534万円で1口辺り364.4万の賞金があり、すでに投資した人たちはプラスになっている模様。

超良血馬ではあったが、勝ち上がって行くの時間がかかり、OPまでに31戦かかっている。

OP入り後も福島記念で13番人気2着などはあったがそれ以外はパッとせず頭打ちの感じであったので今回の勝利は関係者一同うれしい勝利だったのではないだろうか。

 

京成杯オータムハンデの結果と動画

天候   曇り

芝    良

中山   1600m

1着 6枠12番  フラアンジェリコ  1:33.3

2着 4枠8番  エキスタラエンド  1:33.3 ハナ差

3着 7枠13番  ヤングマンパワー  1:33.3 ハナ差

払い戻し

単勝   12   6270円

複勝   12   1220円

8     670円

13    440円

枠連   4-6  8840円

馬連   8-12 62380円

ワイド  8-12 11220円

12-13  7390円

8-13  5090円

馬単   12→8  138000円

3連複  8-12-13 268440円

3連単  12→8→13 2227820円

関係者コメント

田辺騎手 「開幕週で前に行く方が有利だが、この馬のリズムを尊重していつも通りの競馬をした」

「ハンデが軽くて、馬の状態も良かったからね。期待通り」

藤誠師  「正直勝てると思っていなかった。最後方から?田辺君らしいね」

管理人備考

スタートしてからすぐに下げて、道中は後方でじっくり構える。

4コーナーから直線に向いても後方2番手で、この時点で正直上位争いからは外れた印象。

しかし、残り200mで間を見つけた瞬間に鞍上の田辺騎手が素早く追い出し、そこから上がり33.6の一気の差し足を見せて全馬をごぼう抜き。

テレビ中継だと、最後にひょこっとあらわれたので、何が起きたのかわからなかった人も多かったのではないだろうか。

しかし、調教師ですら、勝てると思っていなかったのによく勝てたもんですね。

これだから競馬はわかりません(笑)

 

管理人の結果と反省

自分の予想はこちらにあるように、レッドアリオン、ダローネガ、ヤングマンパワー、グランシルクというふうな感じではずれましたね。

ヤングマンパワーが3着は確保してくれたのは予想としては救いですが、馬券が当たってないのであまり意味がないです。

収支は-2900円でした。

今回の反省は来年にしっかり活かし、来年はもう少し広く浅くでいきたいと思います。

京成杯AH(2015)の傾向は?データや買い目と穴馬予想まとめ

今週は、直近の10年で1番人気が0勝3着1回のみという波乱傾向が強い京成杯オータムハンデが行われますね。

荒れるのはハンデ戦なため仕方がない部分もありますが、それにしても1番人気の戦績が抜けて酷過ぎるレースですので、そのあたりをアタマに入れて置かないといけませんね。

ちなみに、現在の競馬総合チャンネルの予想オッズだとアルビアーノが3.7倍、レッドアリオンが4.1倍となっており、この2頭のどちらかが1番人気になりそうな気配です。

さて、それらを頭に入れながら、過去10年の傾向を見ていきましょう。

“京成杯AH(2015)の傾向は?データや買い目と穴馬予想まとめ”の続きを読む

セントウルSハクサンムーンの追切や前走動画と血統情報まとめ!

ハクサンムーン

セントウルステークスの有力馬の一頭のハクサンムーンの追切や前走動画と血統情報をまとめました。

現在のところ前売りで2.3倍(9月12日12時現在)の一番人気となってますね。

そんなハクサンムーンに死角はないのかなどもしらべてみました!

ハクサンムーンの血統等の情報

ハクサンムーン2

ハクサンムーン

父  アドマイヤムーン

母  チリエージェ

母父  サクラバクシンオー

調教師  西園正都

馬主   河崎五市

生産   白井牧場

備考

旋回癖があることで有名

この時のレースは5着であった。

ちなみに自分はハルサンサンという馬でやられた事があるが、5回転目くらいで馬上から吹き飛ばされてしまった(苦笑)

母のチリエージェも白井牧場の生産で、1000m~1400mで5勝とバクシンオー産駒らしいスプリンターであった。

その初仔となる本馬は、セレクトセール出身馬(2009年セレクトセールにて税込5250万の落札)になる。

ハクサンムーン自身も、母と同じく勝ち鞍7勝は1000m~1400mスプリンターである。

脚質も、母と同じく持ち前のスピードで逃げて押切るというスタイルであるため、母父のサクラバクシンオーがよくでていると思われる。

一昨年のセントウルステークスから現在8連敗中なので何とか連敗をストップさせたいところか。

 

“セントウルSハクサンムーンの追切や前走動画と血統情報まとめ!”の続きを読む