パチスロ300万換金まとめ!

三店舗で合計300万換金した動画をまとめました!

パチンコパチスロで負け越している方や、パチンコ依存症の方は下記の記事も読んでみて下さい!

 





これまでのまとめ

その1

その2方法は?

その3立ち回り方は?

その4店選びは?

その5パチンコパチスロハイエナの勝ち方は?天井期待値を狙うだけ!








パチンコパチスロハイエナの勝ち方は?天井期待値を狙うだけ!

スポンサードリンク



どうも。

今回は、どういった台を狙うかについて記載したいとおもいます。

同じような回転数で落ちていていても、台によって勝ちやすい台と、勝ちにくい台がありますので、見極めが大切になります。

どういうタイプの台を選ぶのか?

地域にもよりますが、基本的に天井狙いをするのならば、天井期待値が高い台を選んで打って行くのが基本となります。

特に今稼働できる台なら、ミリオンゴッド凱旋やプレミアムビンゴ等、天井に恩恵がついている台を狙うと終始が安定しやすくなります。

ただ、その恩恵がある場合、ある程度早いゲーム数で投資がかさんでしまう場合もあるので、期待値よりも、勝率をとって、バランスよく攻めるのがいいです。

スポンサードリンク



天井恩恵がない台は?

次に天井恩恵がない台ですが、その場合狙う優先順位はARTに繋がりやすい台や、戦国コレクション等の継続率管理型等を狙うのがいいでしょう。

これは、初心者は安定してコツコツと勝つ事を実際に体験して覚えるためというのもありまっし、やはり安定しないとモチベーションにも影響が出ますので。
最後に狙うのが、北斗強敵、ルパン三世ロイヤルロードなどの、天井に恩恵がなく当たってからの誤爆待ちの台です。
これらは、長い目でみれば収支は安定しますが、短期だとかなりブレるのでメンタル面でしっかりしてないと途中で乱れ打ちなどをしてしまう可能性もあるので気をつけなければなりません。

また、最初はゲーム数に目が奪われがちですが、秘宝伝や、バジリスク絆等の○回ART,ATスルーで次回ボーナスでART,AT当選といった台は回数天井を目安にして狙っていくことができます。

個人的には天井恩恵の強力な台と、普通の当たりのみの天井機能の打てる台が二台会った場合、多少投資がかさんでも天井恩恵が強力な方を選んで打つようにしてます。
これは長年の蓄積によって、資金に余裕があるため短期的な下振れ(20~30万くらい)は全然耐えられるからです。

これが耐えられない人は無理して投資がかさむけど期待値が高い台を追うということはしない方がいいです。

まとめ

まとめると、
①まずは天井恩恵が強力な台を探す
②ゲーム数のみにめをとらわれずに回数天井にも注目してさがす。
③打てる台が二台以上あった場合、投資がかさんでも天井恩恵が強力な方をねらう。

こんな感じですかね(・∀・)

これまでのまとめ

その1

その2方法は?

その3立ち回り方は?

その4店選びは?

スポンサードリンク



パチンコパチスロの勝ち方は?店選びとハイエナ方法を攻略!

どうも。

前回は優先順位について説明しました。

今回は店選びと店のパターンについて紹介したいと思います。




店のパターンとは?

店の営業形態としては…

①毎日変更する
②たまに変更する
③全く変更しない
④変更するコーナーとしないコーナーがある

この4パターンが基本になります。

この中で一番使う店が③になります。

設定変更をしない場合、日をまたいでも天井やゾーン狙いが可能な上に、当日の目に見えるゲーム数が少ないために、他の人にとられてしまう可能性が少ないから打てる回数も増やす事ができます。

次に使えるのが④か②です。

②はだいたい3~4日一回変更する事が多く、その周期を把握しておくか、他の台の大当たり履歴からある程度把握する事ができますので、そこから判断するのがいいと思います。

④はバラエティーコーナーのみ変更しないで新台やメインの台は変更すると言うパターンです。
ただ、これはたまに変更する可能性もあるのでしっかり周りの台をチェックしたり自分が打つ台も前兆の入るゲーム数などから変更の有無を確認しとくのが大負けの回避に繋がります。

①は大手のパチンコ屋に多く、だいたいが設定1から1の打ち直しになりますが、午後開店になると高設定を入れてくる事もありますのでそういう時はジャグラー等の島はしっかりチェックしといた方がいいです。




まとめ

このようなパターンがわかっても、自分の周りの店がこのパターンのどれにあてはまるかは実際に通ってみないとなかなか把握できません。

ただ、台によってはそれを把握する事ができます。
例にあげると、シンデレラブレイドと呼ばれる台が一番把握しやすいです。
この台は台のメニュー画面から大当たり回数をみれますが設定変更をしてないと大当たり回数がリセットしれませんので、当日の回数と台のメニュー画面の回数から把握する事ができます。

他には、前日の回転数を把握しといて周りの台が当日の大当たりの履歴から前日と合わせた回転数のゾーンで当たってるのか、当日のゾーンのゲーム数で当たってるのかを調べてみるのがいいです。

次回からは実際に二百万を狙いうつ場合どのような台を優先的に狙うかについて紹介したいと思います(・∀・)

これまでのまとめ

その1

その2方法は?

その3立ち回り方は?

その4店選びは?

その5天井期待値の狙い方!




パチンコパチスロ立ち回り方は?負けない勝ち方店選び!

今回は二百万をどう狙いうつか説明します。

と、その前にみなさん自分が本当に勝ててるの?って思う方も多いでしょうから景品交換した動画を紹介しときます。




 

さて、少しはこの胡散臭い話を信用していただけたでしょうか?

それでは本題に入りましょう。

前回は、スロットの稼ぐ方法をのせましたが、それらのうちのどれを優先的につかうか?また、どのような場合に優先的に打っていくか?という説明はしてませんでした。
二百万を狙い打つには高設定、天井、ゾーン狙いの全てをうまく使い分けますが今回はそれらの使いわけについて説明します。

それぞれの優先順位は?

まずは優先順位ですが、それは圧倒的に天井狙いが優先されます。
これは、天井狙いの場合は絶対に当たりを引くため安定するからです。

次がゾーン狙いです。
ただし、ゾーン狙いの場合はできるだけ厳しめに攻めなければいけません。
例を上げると、サラリーマン番長みたく『ゾーンが200~250で解除率が30%』とかの場合、自分は『2000円以内でゾーンを打ち切る。出来れば1500円で打ち切る』と言うのを一つの目処にしてます。
これは30%でヒットするといってもどうしてもムラができてしまうためです。

30%と言うのは意外にヒットしてくれませんのでかなりシビアに立ち回らないと機種によっては負け越してしまう場合もあります。





最後に高設定狙いですが、これは基本的には午後開店…出来れば五時前後の開店とかに使います。
と言っても基本的には先に天井、ゾーン狙いをしてそれらがなかった場合に、高設定を狙うと言った形になります。

またこの時基本的にAタイプと呼ばれる純粋に大当たりの数を重ねて増やしていくタイプ(ジャグラー等)のみにしぼっていくのが無難です。
これはどうしてもAタイプ以外は超長期で打たないと収束しにくいのと時間的に取りきれないで閉店を迎えてしまう可能性があるからです。

まとめ

これら三点はメリットデメリットが存在しますので、このように要所要所で使い分ける事で、パチンコ屋からのおこぼれをしっかりいただけます。

次回はこの三点を有効活用するための店の特徴の把握と基本的な店のタイプを紹介したいと思います(・∀・)

これまでのまとめ

その1

その2方法は?

その3立ち回り方は?

その4店選びは?

その5天井期待値の狙い方!




パチンコパチスロの勝ち方は?簡単に負け組から勝ち組へ!

今回は、前回話したパチンコ屋から配られる餌巻きようの二百万をどうやって狙い撃つかについて、記載したいとおもいましたが、その前に狙いうつ時の方法を先に紹介したいと思います。




どういう方法で立ち回ればいいの?

今のスロットで儲けるためには
①高設定を打つ
②ゾーン狙いをする
③天井狙いをする

この3つ以外に方法はありません。
たまに適当に打っても儲かったりする事もありますが、それは長い目でみたら確実に負債を抱えてしまいます。

それでは、まず先にそれぞれの方法のメリットデメリットについて、記載したいとおもいます。

それぞれのメリットデメリットは?

①の高設定狙いについて

スロットには出玉調節機能として、大抵六段階式の設定と呼ばれるものがあります。
これを調節する事によって、店側が儲けたり客側に餌をまいたりします。

設定が1に近づくにつれて、長期でみたら客側に負債を与えて、6に近づくにつれて、長期でみたら客側に利益を与えてくれます。
そして、この設定は客側が小役の確率(払い出しのあった図柄をメモ)や、大当たり確率をメモする事によって、ある程度看破できます。

これで設定6に近い台を見抜いた場合、機種によりますが1日単位だと、大体6~8割客側に利益をもたらしてくれます。

逆に設定1に近い台を打った場合、1日単位だと3割以下くらいしか客側に利益をもたらせてくれません。
また、長期でみたら設定1付近を打ち続けた場合は、儲けを出すことは出来ません。
しかし、逆に言えば設定6付近を打ち続けたら負債を抱える事がないと言うことになります。

要約すると高設定狙いのメリットは1日で大きい利益を得られる方法ですが、低設定を打ってしまった場合、また低設定ばかりを掴み続け場合負債が増える


一方になる
と言うことになります。
なので、基本的には高設定狙いは開店時間が遅い時など限定でするのが一番効率的かと思います(・∀・)

②のゾーン狙いについて。

今のスロットには、台によっては当たりやすいゲーム数というのが存在します。
そこをピンポイントで狙い打つことにより、利益を上げる事ができます。

これのメリットは、そのゾーンしか打たないので非常に素早く終わり数を重ねる事ができます。
しかし、デメリットとして数をこなさないと当たらずに終わってしまう事がありますし、稼働率の低い台だと一度もあたらないうちに台が撤去となる場合がありますので注意が必要です。

③天井狙い

先ほどスロットには当たりやすいゾーンがある台もあるといいましたが、それ以外に必ず当たる回転数がある台もあります。
今の台だと、大抵がハマっても1000ゲーム前後でほぼ当たります。
コレが天井という救済措置です。

天井狙いとはこの救済措置を保険として、ある程度ハマっている台を打つことを言います。
これのメリットは、必ず当たるまで打つため収支が安定しやすいというのがあります。

しかし、デメリットとしてライバルが多かったり、拾った台を消化中に他に、今よりさらに天井に近い台が落ちたりする事があるのと、一度座ったら当たるまで台をあける事ができないというのがあります。

これらはどれも一長一短あるため、どれか1つを特化してやるのではなく、全てを織り交ぜてうまく使うのが、利益を上げるコツといえます(・∀・)

次回の更新ではこれらを、つかってどうやって二百万を狙い撃つか記載したいとおもいます。

これまでのまとめ

その1

その2方法は?

その3立ち回り方は?

その4店選びは?

その5天井期待値の狙い方!




パチスロの勝ち方は?簡単に年間100万稼ぐ方法!

スタホを快適にプレイするには、メダルがかかせません。

しかしメダル自体もそんなに安くはなく、大概一万円で3000~5000枚が相場かとおもいます。

そうなると、一般的なリーマンの月の小遣いだけでスタホを快適にプレイするのはなかなか厳しくなってくると思います。





自分も例外ではなく、小遣いだけでは快適にプレイすることはできません。
だからといっても、生活費をつかってまでスタホをする事も出来ないと思います。(中にはスタホの愛馬の方が自分の食事より高級という、肉を切らせて骨を断つという強者もいますがw)

しかし、やはりメダルを気にしないで快適にプレイをしたいために、自分はスタホ資金をある方法で稼ぐ事にしました。

稼ぐ方法とは?

それはパチンコ、パチスロです!

人によっては、そんなんで簡単にスタホ資金をかせげるの?って思う方もいると思いますが、パチンコ屋の環境にもよりますが、大概のとこではスタホ資金くらいなら軽く稼げるとおもいます。
また、より本格的にスロットを打てば副業と言えるくらいの収入も得る事ができます。

では一体どうやって稼ぐのか?

それほ至ってシンプルで稼げる台だけ打てばいいのです。
もうすこし噛み砕いて言うと打ち始めと辞めどきをしっかりと見極めればいいのです。

これはどういう事か?
その説明の前にパチンコ屋に行った事のない人のために少しパチンコ屋の仕組みを載せとこうと思います。




パチンコ屋の仕組みって?

パチンコ屋とは、ギャンブル依存症の人を生かさず殺さず飼い慣らして、依存症患者から資金を巻き上げていくというのが基本形式です。

おおざっぱに流れを説明すると、仮に1日で一千万円分依存症患者達がパチンコ屋で遊んだ場合、だいたい八百万くらいはパチンコ屋が頂いて残りの二百万は餌巻きとして依存症患者達に返していくと言った感じです。

ようはパチンコ屋とは、依存症患者達がパチンコ屋に物凄く高い場代を払って、パチンコ屋から返された少額のお金を奪い合うというのが、本来の姿なんです。

さて、では一体どうやってそんな仕組みの中で100万も稼ぎ出すのか?

それは至って簡単で、返される二百万のみを狙い撃ちして取りに行けばいいのです。

どやって?と思う方も多いと思いますが、まずはその前にその狙い撃つ時の方法を次回紹介したいと思います^^

これまでのまとめ

その1

その2方法は?

その3立ち回り方は?

その4店選びは?

その5天井期待値の狙い方!




戦国乙女2深淵に輝く実践!天下統一ポイントの貯まり具合は?

 

、こ戦国乙女2の天下統一ポイント狙いの実践ブログって全然見つからないので、仕方ないのでちょっと実践してみるこ事にしてみました。

天下統一ポイントの振り分け

天下統一ポイントは毎ゲーム抽選で、レア役や100G毎による上乗せは優遇されてますが、強チェリ―でも50しか乗らない事もあるので油断できないですw

100G毎の振り分けは

pt 振り分け
100 89.8%
200 5.1%
300 2.7%
500 0.8%
1000 0.4%
3000 0.4%
5000 0.4%
10000 0.4%

となり、100G毎の平均獲得ポイント=約186.2ptみたいです。

“戦国乙女2深淵に輝く実践!天下統一ポイントの貯まり具合は?”の続きを読む

ささみさん@がんばらないスロット 天井期待値 立ち回り 推察

9月22日の月曜日より導入予定の【ささみさん@がんばらないスロット】のスペック紹介、及びに立ち回りを推察したいと思います。

ささみさん@がんばらないって?

 

ささみん@がんばらない

この台の原作のささみさん@がんばらないというライトノベルが原作らししく、主人公のささみんが、がんばることをやめてしまい、がんばりたくないささみさんの、がんばらないために頑張る日々を描かれた非日常コメディな内容みたいです。

 

スペック&ゲームフロー&天井情報

スペック

 

すーぱ

・100G+a継続の擬似ボーナス

 

【すーぱーがんばる@ボーナス当選確率】
設定1:1/1315.9
設定2:1/1428.5
設定3:1/1132.8
設定4:1/1229.0
設定5:1/937.8
設定6:1/975.4

 

がんばるボーナス

・100G+a継続の擬似ボーナス

・レア役でチャンス
【がんばる@ボーナス当選確率】
設定1:1/203.2
設定2:1/196.8
設定3:1/185.2
設定4:1/178.2
設定5:1/162.4
設定6:1/154.2

 

がんばるtyannsu

・ランクアップ式ボーナス

・1~7セット継続

・1セット最低小役8回入賞

・リプ連でチャンス
【がんばる@チャンス当選確率】
設定1:1/440.7
設定2:1/390.8
設定3:1/397.1
設定4:1/344.2
設定5:1/371.3
設定6:1/294.6

【ボーナス合算確率】
設定1:1/125.8
設定2:1/119.9
設定3:1/113.6
設定4:1/107.2
設定5:1/100.8
設定6:1/91.7

【機械割(出玉率)】
設定1:97.1%
設定2:98.5%
設定3:100.0%
設定4:104.0%
設定5:107.2%
設定6:110.2%

“ささみさん@がんばらないスロット 天井期待値 立ち回り 推察”の続きを読む

簡易ゾーンデータ、天井狙いは700から?サラリーマン番長

サラリーマン番長のデータをデータロボサイトより、調べてみました。

条件として、ARTの極力少なく、低設定っぽい台中心で集めた結果このようになりました。

立ち回りは前回とおなじでいい?

解除ゲーム数と解除率

1~100   24.3%

101~200 19%

201~300 18.4%

301~400 8.5%

401~500 11.1%

501~600 6.5%

601~700 5.9%

701~800 0%

801~900 1.9%

901~999 5.9%

1000~天井 0%

 

今回は初当たり152回と少なめです。

その中でわかった事は、やはり前回と同じ立ち回りが有効という事ですね。

また、意外に50ゲームまでの大当たり率が高かったので、最初の前兆まではまわしてもよさそうな感じです。
“簡易ゾーンデータ、天井狙いは700から?サラリーマン番長”の続きを読む

パチスロAT機の終焉

昨日、警察庁と一部のメーカーによる会合のなかで、
パチスロの型式試験について警察庁より通達があったことが、
パチスロメーカー関係者の話で明らかになった。

9月16日の保通協申請持ち込み分から、出玉試験の下限(出率55%)試験を、
ずっと左打ち(順押し)にしてナビも無視する試験にすると警察庁から話があったようだ。

同関係者によると、「結果的に、現行AT機、ART機(ボーナス非搭載や、ボーナスが主でない機種)は、
実質計算が成り立たたなくなるため、試験が通らない。
通常から1000円あたりのゲーム数を45ゲームぐらいまで上げないと、下限規制をクリアできない」という。

現在、主流の仕様が今後は販売できなくなるだけに、パチスロ市場に与える影響は甚大になること必至だ。
http://www.yugi-nippon.com/?p=861

 

ついに五号機終焉の時がきましたね。

すでに4号機の時に規制して、五号機は遊びやすくするというのが微塵も残ってない現状ではしかたのないことなのかもしれませんね。

規制によりどう変わるのか?

ゼロボAT機、ギャップCT機(MB)などの実ボーナス非搭載機は、その通り45G/1kぐらいの台しか出せなくなりそうです。純増も低下。この情報だけだと、純増1.2枚前後のART+ボーナス搭載機がメインになりそうとのことです。

つまり、初代エウレカ等がメインになってきそうな感じになりますね。

しかし、純増二~三枚になれたいまのスロッターにそのシステムを受け入れろというのは酷な話ですね。
“パチスロAT機の終焉”の続きを読む