母の日(2016)はいつ?由来やカーネーションを送る理由!

皆さん母の日の由来って知ってますか?

小さな頃から母の日と言うのは、ただ漠然と普段の感謝を込めて母にプレゼントを贈る日というイメージが自分の中では焼き付いており、特に由来等を気にした事がない人がほとんどだと思います。

ちなみに自分もそんな中の一人です(笑)

ただ、いい年になってきて、いまだに由来を知らないのも恥ずかしいと思ったので、今回は今年の母の日の日付と由来についてしらべてみました!

母の日の由来やカーネーションを贈る理由は?

日本では1913年に青山学院にて、母の日礼拝がおこなわれたようです。

ただ、これはまだ浸透する前で、この時にアメリカでの母の日発祥させたアンナ・ジャービスさんからメッセージが届きそれを受けた女性宣教師たちの熱心な働きかけで、日本に浸透していったようです。

母の日が普及し始めた当時は皇后の誕生日である3月6日を母の日としていたみたいですが、そちらの方は残念ながら普及しませんでした。

その後は1937年の5月8日に第一回『森永母の日大会』が行われ、1949年頃から、アメリカに倣って5月の第2日曜日が母の日となったようです。

また、アメリカの由来は、南北戦争終結直後の1870年に『夫や子供を戦場に送るのを今後絶対に拒否しようと立ち上がりそれを[母の日宣言]』と呼んだのがそもそもの起源みたいです。

またこれは南北戦争中にウェストバージニア州にて『母の仕事の日』と称して、敵味方関係なく負傷兵の衛生状態を改善するために地域の女性を結束させたアン・ジャービスの活動からヒントを得たようです。

しかし、この時は残念ながら普及はしませんでした。

ただしその娘で日本にも手紙を送ったアンナ・ジャービスさんが母の死後二年たった1902年5月12日に母が日曜学校の教師をしていた協会にて記念会をもち白いカーネーションを贈った事が普及の本当の始まりでした。

この行為に感動した人々が母の敬う事を大切に感じるようになり、1908年5月10日に同協会にて470人の生徒とその母親たちが集まり最初の『母の日』を祝った。

またその時にアンナさんが参加者全員にアンナさんの母が好きだった白いカーネーションを手渡した事から、母の日のシンボルとなり、母の日にはカーネーションを贈るというのが通例となった。

1914年に母の日はアメリカの記念日となり5月の第2日曜日と定められ、以後今日まで続くこととなりました。

“母の日(2016)はいつ?由来やカーネーションを送る理由!”の続きを読む

花見の必需品や弁当は?便利な持ち物リストをまとめました!

花見

各所で花見の季節到来ですね^^

前回は花見の場所取りについて記載しましたので、今回は花見における必需品や定番お弁当メニュー等を記載したいと思います^^

お花見に必需品は?

必需品のほとんどは前回の花見の場所取りについてに記載しています。

しかし、それは場所取りに必要なものも含めていますので、今回はそれ以外の必需品も記載したいと思います。

1 割りばしや紙コップと紙皿

これらは、当たり前に思うかもしれませんがここでの注意点は人数分より多めに持ってくるということです。

予定よりも使う事が多々ありますので、多めに持って行けば足りなくなるという事態は避けれます^^

2 ジャケット等の上着

徒歩や電車で行く方は、外に合わせた服装にするでしょうから心配いりませんが、車で花見に向かう場合時期的にも薄手の服装になりがちです。

その場合、いざ花見で気温が予定よりも低かったりしたら、せっかくの楽しい花見も寒くて存分に楽しめない可能性もありますし、最悪体調を崩したりもします。

なのでしっかりと準備をしていきましょう。

3 防寒対策にストーブ等を用意

2でジャケット等の用意を推奨しましたが、それ以上に冷え込む場合もあります。

そんなときのために簡易ストーブ等を用意しとくのがいいでしょう。

簡易ストーブ野外キャンプ用のを用意すれば安全に使えます。

ただ、花見の場所によっては禁止の場所もあるでしょうからしっかりと確認してか使うようにしましょう。

 

4 小銭の準備

花見に来るのは自分たちだけではなく、他の花見客もきます。

に時期的に集中してしまうので、そこで自販機の小銭切れに会う可能性も十分にあります。

近場にコンビニ等がなかった場合飲み物をあきらめたりしなければならなかったりしますので、しっかりと用意しておきましょう。

5 ごみ袋

当たり前ですが自分たちでだしたごみは自分たちで持ち帰りましょう。

花見の場所に用意されてあるかもしれませんが、花見客みんながみんなその場所でごみを捨てていくとあふれかえってしまいます。

そして溢れかえってきても、一人がその周辺に捨てだすと、みんなも捨て始めてしまい、収集がつかなくなりますし、管理している会社にも迷惑が掛かります。

なので、ごみは自分たちで持ち帰るのは徹底しておきましょう!

6 アルコールを飲む人は二日酔い対策の準備を!

花見にきてお酒を飲むと、普段よりも飲み過ぎてしまう方が多いと思います。

そんな人は次の日に備えて二日酔い対策として、ハイチオールC等の二日酔いに効く薬を用意していくのがいいでしょう。

また、すきっ腹にいきなりお酒を入れるのではなく、少し食事をしてからお酒を飲むようにするのがいいです。

“花見の必需品や弁当は?便利な持ち物リストをまとめました!”の続きを読む

花見の場所取りの方法やマナーは?時間や道具と代行まとめ!

花見

場所によっては、もう桜が咲く季節になり花見シーズンが到来してきましたね!

そして花見と言えば場所取り!!

場所取りと言えば新入社員の仕事!!

というのが社会の通例みたいですね。

今回はそんな人たちに向けて、場所取りのマナーや必須道具等の準備品等を調べてまとめてみました!

場所取りに必要な道具は?

1 健康管理

場所取りにおいてもっとも重要なのは、自身の健康管理です。

ネットなどでは場所取りで体調を崩して、いざ花見が始まったらすぐに本人は帰って翌日熱をだしたなんていう話もありました。

せっかくの場所を確保したのですからまずは前日にしっかりと栄養と睡眠をとり、万全の体調で花見が行えるようにしときましょう!

2 防寒具の準備

昼間は暖かくなったと言っても、朝方はやはり冷え込みます。

そこで防寒具一式は備えておくのがいいでしょう。

また、ズボンの下にパッチは勿論の事、防寒着として着ていくダウンジャケットやウィンドブレーカー等は大き目のフード付きので耐水性の物をお勧めします。

これはニット帽などにすると髪型に癖がついてしまい、花見本番中もニット帽をかぶり続けるハメになってしまう事が考えられるからです。

また、マフラーやひざ掛けに座布団なども用意しておくのがいいでしょう。

特に堅い地面に何時間も待機するので座布団はあって損はないです。

3 ブルーシートを抑えるための水

花見の日に風が強かったりした場合、ブルーシートは簡単にめくれ上がってしまいます。

なのでその対策として、1.5Ⅼや2Ⅼのペットボトルを用意していき、それらを重し代わりに使うのがいいです。

またこれらはその後花見が始まったときにウィスキーや焼酎を割るのに便利になります。

4 ガムテープやサインペンと段ボールとティッシュ

ガムテープはブルーシートを何枚もつなげる場合に重宝します。

また、段ボールとサインペンは写真のようにつかえます。

花見

花見2

花見が決まった場合前もってスーパーなどで買い物をした際に段ボールをもらって帰ってあつめておくのがいいでしょう。

ティッシュは色々と使えますが、特に重宝するのがトイレの時です。

ティッシュさえあれば、万が一トイレにペーパーがないといった非常事態にも迅速に対応できます^^

5 暇つぶしになるもの

これはもう切っては通れない道でしょう。

代表的なのは携帯ゲーム(Psvitaや3DS)ですね。

 

しかし、最近は携帯ゲームも充実しているのでスマホ一台で事足りそうです。

ただ、その際に必ず簡易式の携帯充電器を忘れないでください。

スマホゲームに夢中になって、携帯電話として使おうと思ったときに充電が切れてたらシャレになりませんから。

場所取りの方法や時間、マナーは?

慣れてる先輩がついている場合はその先輩の指示に従うのが一番ですが、そうでない場合、特に新人だけで組まされた場合、どうすればいいのかわからないと思います。

そんな方のために、基本的な場所取りの方法などをまとめときます。

“花見の場所取りの方法やマナーは?時間や道具と代行まとめ!”の続きを読む