アイドルグループN0(元AKBN0)の石原麻衣子が活動辞退

Sponsored Links

石原麻衣子 N0 AKBN0

自給自足アイドルでメディア進出、紅白出場を目指すアイドルグループ、N0(エヌゼロ)の石原麻衣子の脱退理由が酷いと話題になってますね。

公表された脱退理由

以下N0の公式ブログより抜粋

 

ここで残念なお知らせというか、お詫びがあります。14期生見習い石原麻衣子より、辞めたいという連絡がありました。理由がたくさんありますのですべて発表します。

 

・11期生に戻りたいが戻れないのが嫌だ。
・見習いだとライブで1曲しか歌えないのが嫌だ。
・会社から部屋のゴミを捨てろと言われるのが嫌だ。言われるとやりたくなくなる。
・交流で暇なのが嫌だ。
・受験生なので、もっと勉強して上の高校を目指したい。
・バレー部を引退して、Nゼロに戻ったら膝が悪化した。
・親から帰るのが遅いからやめろと言われた。
・見習いになってからやる気がなくなった。

以上の理由から辞めたいということです。

 

『1か月前には、「私は紅白に出るまで絶対にやめません。」とクライアント様の前で言っていたのに、なぜ辞めると言えるのか?』と聞いたところ、「私は気が変わりやすい。」ということです。

これだけ見ると確かに石原麻衣子自身が酷過ぎるように見えますね。

元々この子自身は結構色々と、違反をおかしていたのですが、それでも運営側がわざわざ辞退理由をここまで明確にするのも珍しいです。

ちょっと気になったので、ネット内で情報を集めてみると、色々と運営している会社の実態もみえてきました。

Sponsored Links

新しい資金の集め方

そもそもこのN0は、自給自足で活動費を得ているという事ですが、その中には、お目当てのアイドルとの『20分お散歩券(5000円)』や『40分打ち合わせ券(10000円)』等、これまでのアイドルに近づくには、握手や写真撮影という形式をさらに進めた方法をとって、資金集めに努めていました。

しかし、メンバーの中には11歳や、15歳等が普通にいることを考えるとこれはちょっとやり過ぎな感じがしますね。

規約違反者にはメンバー、ファンから賠償請求する運営に、逃亡するメンバー

N0では、個別にファンと連絡を取るなどしたメンバーは、規約違反となり解雇となったり、また運営側はそれら規約違反したメンバーやファンに対して損害賠償請求をするようです。

また、その規約違反をしたメンバーうちの二人は、スタッフが目を離した隙に逃走をしたという事件がおきています。

管理体制や先の資金集めなどから、運営方法がそもそも少しずれているいるようにかんじますね。

総括してみると…

今回の石原麻衣子の脱退理由の公表も、運営側がしっかり管理してなかった事によるところが大きいとおもいます。

それでいて、運営側が脱退したメンバーを貶めるような感じでわざわざ脱退理由を公表するのはちょっとどうかと思っちゃいますね。

こんな内情で本当にいつか紅白に出れるときがくるのでしょうか?

個人的には、こういう商法自体いい加減やめてほしいと思います。

AKBの握手券等とかは、子供の携帯の高額請求で問題になったガチャと同じシステムですしね。。。

このままだとアイドルじゃなく、ただのプチ援交みたいなのを売りにしたシステムが横行してそのうち重大な事件に発展してしまうようにおもえてしまいます。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ