松浦亜弥が転落したのはなぜ?全盛期の彼女の歌をYouTubeから抜粋!

Sponsored Links

松浦亜弥

歌手でアイドルの松浦亜弥さんがネットでは復活できるのでは?という期待で盛り上がっていますね!

ここ数年人気は下降線をたどりネットでは『そのうちテレビであの時のあの人は今…』みたいなので取り上げられるくらいじゃないの?と言われてるくらい落ちてしまっていました。

 

しかし、スガシカオさんは彼女のニューカバーアルバムの『Click you Link me』を自身のブログで猛プッシュしたり、竹内まりやが夫の山下達郎のラジオで『20代の女性歌手で一番上手いのは松浦亜弥ちゃん』と発言したりなどしています。

そこで、今回は松浦亜弥が復活できるのか?

またネット内での彼女の評価はどうなのか?

彼女の曲をまとめたりもしながら個人的な主観を交えて調べてみました!

Sponsored Links

松浦亜弥って?

 

松浦亜弥 2

松浦亜弥(まつうらあや)

28歳

愛称はあやや

この愛称は株式会社アップフロントグループの商標として2006年10月13日に登録済みである

デビューは2001年

SPEEDに影響されて芸能界入りを果たす

アイドルブーム真っ盛りの中でデビューして、モーニング娘。らと共にその火付け役になる。

その後女優やタレント、歌手として幅広く活躍するも人気に陰りが出始める。

2011年に子宮内膜症のため、活動を自粛

その年唯一のレギュラーだった『メレンゲの気持ち』を降板

2012年にはTwitterの更新もやめ、いよいよ終了した世間では思われ始める。

2014年に橘慶太と結婚、さらに妊娠も報告!

 

あややは自分と同い年で、ちょうど自分が中学の時にブレイクしたのでよく覚えていますね

あの当時だとやはり桃色の片思いが印象的でいまだに覚えています。

あそこから転落していくなんて、当時は思ってもいませんでしたよ…

全盛期の松浦亜弥

個人的に、全盛期の松浦亜弥はとにかくかわいい!!ってのと前述の桃色の片思いイメージが全盛期だったという風な感じで記憶してますね。

 

あやや 全盛期

 

♡ 桃色片想い ♡は、ものすごく流行ったんですよねw

その他にも

 

ティセイラのCMが印象に残ってます。

このティセイラは、松浦亜弥がCMのイメージキャラを務めた数年後には販売終了になっており、それはまるで彼女の転落の序章のような終幕でしたね…

しかし、この動画の最後にあるMDプレーヤーが当たる!キャンペーン実施中ってのは、なんだか時代の古さをかもしだしてますねw

他には

トロピカ〜ル恋して〜る

が、あややブーム到来のきっかけといわれてますね!

そしてブーム終焉間際に出したのがこちらの曲

ね〜え?

です。

この辺りを機会に、松浦亜弥は急転落して、今に至るといった感じでしょうか。

 

転落のきっかけは?

転落のきっかけは人気絶頂時に「The美学」「草原の人」と楽曲的には残念なのが続いたのが痛かったといわれています。

ちなみにその二曲はこちら

 

The 美学

草原の人

です。

また、転落間近の頃には金髪なのを残念に思ったりアイドルタレント路線を歩んでいたのに、アーティストぶってる発言がカンにさわったファンも多かったみたいです。

そして、人気が下降を続けるなかで、さらに追い打ちをかけるように、子宮内膜症のために活動自粛になり完全転落していったみたいですね。

歌唱力の高さはアイドルタレントとしては群を抜いている!?

デビュー当時から、松浦亜弥は歌唱力の高さを認知されていましたが、流行った曲がどれもアイドルっぽいもの(桃色の片思い等は最近でいうAKBの会いたかったみたいな位置づけですね)だったんですよね。

そのため、路線が完全にアイドルタレントになってしまい、その歌唱力を存分に生かせないまま人気下降となり、彼女の歌を国民に知りえる機会がなかったのがもったいなかったなと思います。

 

そんな彼女が今まで歌った曲の中で、個人的にすごくいいと思った曲を一つ紹介したいと思います。

 

dearest.

アイドル路線の時に歌っていた曲とは一線を臥していて、当時の彼女からは想像できない曲ですが、非常に彼女声質にも合っておりいい曲だと思います。

また、この曲は親友の藤本美貴の結婚式で送った曲であるという事もあり力がこもっていたのではないかな?と思います。

今回の復活シナリオ騒動で、本当に復活の道のりを歩んでいって、いつかこの曲が結婚式で当たり前に流れるくらいこの曲とあややが再度有名になったら、またドラマがあっていいなーなんて思ってしまいましたね^^

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ