志村ふくみって誰?人間国宝の動画やギャラリーや展覧会まとめました!

Sponsored Links

NHKにて志村ふくみさんがとりあげられて話題になってますね!

ネットでは『志村ふくみさんの考え方が素晴らしすぎて感動してる』『志村ふくみさん、藍が一瞬緑で青に変わる』など賞賛されてますね。

自分も、今番組を見ていますが話す内容や色を染めている姿など感慨深く思いました。

ただ、初めてみたのでどういう人なのかをちょっと調べてみました!

志村ふくみさんって?

 

志村ふくみ

志村ふくみ (しむら ふくみ)

90歳

師は持たず母から織物の手解きを受け、富本憲吉らの工芸家に師事。

独自に研究した植物染料の良さ、染めた色の美しさが多くのファンを魅了している。

1990年に人間国宝に認定される。

門下に2010年に紋紗(もんしゃ)の重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された土屋順紀がいる。

 

こういう作品を母から教わって自分で研究してここまで極めるのは本当にすごいとしかいえませんね。

また門下の方にも人間国宝がいるというのはそれだけ志村さんの技術が高く評価されているという事でしょうね。

Sponsored Links

 

作品ギャラリー

 

しむらふくみ3

志村ふくみ2

 

志村ふくみ3

志村ふくみ4

最後の作品は猩猩菱(しょうじょうびし)という作品です。

これは、素人の自分が見てもすごくきれいに感じました。

志村さんは同じ植物でも染める人によって全く違う色が出るんですふしぎですね。といわれてますが、ここまで人を魅了する色がだせるのはそれだけ心を籠めてるというのもあるのでしょうね。

志村ふくみの動画

人生は経糸と緯糸

 

 

色に秘そむ

 

どちらも芸術的な面持ちが際立っていてただただすごいとしかいえないですね。

NHKではちょくちょくと特集が組まれていますので今後はチェックしてみるのもいいですね!

今日の番組で心に響いたのは『植物を崇める』『薬草をしみこました着物を身にまとう事によって身が守られる』と言っていたことでした。

ここまで極めた人だからこそ、こういう考え方ができるのでしょうね。

 

 

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ