第2のまんだらけ?滋賀県のゲームセンターの過激な警告文

Sponsored Links

 

 

先日、東京のアンティーク玩具店『まんだらけ』にて鉄人28号のブリキ人形が万引きされた対応として、まんだらけ側がネットにて、犯人の映った画像に顔のみモザイクをかけて『商品を期日までに返さなければ顔を公開する』という警告を載せて、物議を醸しだしましたが、今度は滋賀県のゲームセンターが店頭に載せた警告文が話題になってます。

その警告文がこちらになります。

 

“2014/8/4、16時ごろ、店内の機械(スイートランド)を蹴りつけ、警報を鳴らした少年たちへ。

あなた方の暴行により、機械が一時的に停止し、機会損失、及び一部部品の交換による費用が掛かりました。

すでにこの写真とカメラの映像を元に警察に届け出をしてある上、あなた方の氏名、***中学校の卒業生及び在校生であることなども判明しています。

髪を汚い色に染めて虚勢を張って、一人じゃ何もできないから群れを作って、アホ面で公衆の面前に出てきてギャーギャーうるさい鳴き声をあげて、
自身がゴミのくせに食べかすやゴミを散らかして恥を晒している暇があったら、社会のマナーやルール、モラルを少しでも学びましょう。それができないのなら家から出てこないでください。迷惑です。

もしあなた方に少しでも常識と良心があるのならこの文面を見て自身を恥じ、誠心誠意謝罪をしに来なさい。ふざけた頭はしっかりと丸坊主にして来るように。
(漢字(かんじ)が読(よ)めないなら近(ちか)くの大人(おとな)の人(ひと)に頼(たの)んで読(よ)んでもらってね!)

また、あなた方に限ったことではないですが、ゴミのポイ捨てはご遠慮下さい。皆さん、ゴミはゴミ箱に捨てるという常識はご存知ですか?
ゴミ箱というものを知らずに育ったのなら哀れなことだと思いますが、そうでなければ恥ずかしい行為は止めましょう。”

 

この店員さんよほど頭にきたのか、大人げない発言を載せてますね。

まあ、警報機が鳴って部品交換しなくてはいけないくらいですから、この少年たちも相当むちゃくちゃな事をしたんでしょうね。

 

ちなみにこのスイートランドというゲームはどんなものかというと、みなさんもよく知ってるお菓子をとるプッシャー型のクレーンゲームです。

あのゲーム機ってイメージ的には小さなお子さん連れの親子や、カップルが楽しむゲームのイメージですが、それを中学生の髪を染めた子達が、破損するくらい無茶の事をしながらプレイするとか、よく恥ずかしくもなくできるなと思ってしまいますね。

こういう子供は大人になっても中身は子供のままになってしまいそうで将来が心配になってしまいます。

この子達がこの警告文をどう受け取るかはわかりませんが、せめてとても恥ずかしい事をしたというのは理解してほしいところですね。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ