どうしてこれまでパチンコ屋の違法賭博を放置してきたのか?

Sponsored Links

現在、 自民党で提案されている財源確保の方法にパチンコ税導入という案が挙げられています。

これは、自民党の試算で1%の税金で2000億の税収がえられるとのことです。

パチンコ税というネーミングから、パチンコ屋から直接税金を取るように感じますが、これはそうではなく、遊技者がパチンコ屋からもらった景品と呼ばれる現金の代りのものを換金所にて交換した際に発生する税金みたいです。

パチンコ嫌いな人からしたら、喜ばしい法案でしょうが、パチンカー、スロッターからしたらたまったものじゃないでしょうね。

いまさら感のあるこの法案、これは今の三店方式と呼ばれるグレーゾーンな換金方法をなくして、直接パチンコ屋で換金ができるという、【パチンコ=合法ギャンブル】という仕組みをつくりあげるために提案されたみたいです。 これは、おそらくその先に控えてる、カジノ法案をうまくまとめるための下準備ではないのかとおもいます。

しかし、パチンコ、パチスロ遊技者の過半数はおそらくパチンコ依存症、さらにそのうちの数%は施設などで治療しないと治らない病的賭博依存の人達です。 そのような人たちのケアや、人数を減らす方法を考えないで、先に財源確保に走るあたり、目先の利益ばかりで将来を見ていないように思えてしまうのはわたしだけですかね?

 

さて、パチンコ税導入以前にそもそもですが、なぜこれまで違法賭博のパチンコが放置されてきたのでしょうか?

それを今回しらべてみました。

 

パチンコ屋にはパチンコの景品を現金に交換するための交換所というところが存在し、建前上、別の会社ということになってます。 そしてそのおかげで三店方式と呼ばれるグレーな換金方法がまかり通ってしまってます。

なぜこのような誰でもわかる違法賭博の原理を追及しなかったのでしょうか?

よく言われるのが警察とパチンコ屋との癒着です。   警察の天下り先には、パチンコに使われるプリペイドカードの会社や、パチンコメーカーなど、パチンコ業界が多数にわたり、さらにパチンコ屋は警察に対してきっちりと接待をし、署長クラスの移動の時には、数百万の餞別を送ったりなど、警察からしたら美味しいことしかありません。

こうやってみると、美味しい汁を吸うために今まで黙認してきたかのようにみえます。

しかし、じつはこういう癒着が原因で三店方式を追及しなかったのではありません。

三店方式の起源

そもそも三店方式と呼ばれる方法は昭和36年に、大阪府警が景品の買取に「大阪府身障者未亡人福祉協議会」を認めて暴力団排除に乗り出たことが始まりです。

これを全国の都道府県が手本にしていくことによって暴力団の排除をしつつ、現在の三店方式の原点が警察の手によってつくられたというわけです。

このように、警察が三店方式の土台を作ってしまったために、今日までパチンコ屋が堂々と遊技といいつつ合法的に賭博運営をしていたのを、警察が黙認しているみたいですね。

時代は変わり、現在では暴力団との関係の希薄になった変わりに警察が暴力団にとって代わってパチンコ屋を仕切ってるといった感じになってます。

 

自民党はカジノ法案に先駆けて、パチンコを合法賭博として認めるためにパチンコ税導入の検討をはじめましたが、せっかくですから現在の警察とパチンコ屋の関係改善も考えてほしいところですね。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ