優秀なサハラファイターと落ちこぼれのケイティブレイブ

Screenshot_2016-05-09-21-46-39

ケイティブレイブ

Screenshot_2016-05-09-21-47-10

サハラファイター

共に同じ育成場で育ち、2歳春先までずっと2頭で併せ馬していたこの2頭。

もしサハラファイターがジャパンダートダービーに出られればかなり面白い。

デビュー前

サハラファイターはうちの生産だから産まれた時から知っており、馬体はかっこよく走りそうな雰囲気を醸し出していて牧場では期待されていました。

分譲から来たときから体は恵まれており、本場に来て昼夜放牧を開始してからはさらに体格はパアーアップしていき一歳の秋には一回りでかい状態でした。


対してケイティブレイブは、一歳秋にやって来て道産子みたいなボテッとしたカッコ悪い体格で、さらにこじんまりとした馬でした。

また、普段からのっそのっそと重たく歩き牧場では最低評価でした。

サハラファイターと一緒に放牧したときはこの時点で一回りくらいサハラファイターの方が大きかったです。

しかし、昼夜放牧をしていくうちにケイティブレイブもしっかりとした体つきになり、体格はサハラファイターにひけをとらないサイズにまで成長しました。

しかし、追い付いたのは体だけで、順致が始まって乗りはじめたら、やはりサハラファイターは期待された通りいい動き。
ケイティブレイブもやはり悪い意味で予想が的中して重たいモッサリした動き。

親和牧場に移動後はこの2頭がペアになって併せ馬で調教するも、サハラファイターは涼しい顔して調教をこなすのに、ケイティブレイブは息もたえたえにサハラファイターについていくのがやっとの日々。
同世代の牝馬と比べても体力がなく、みんなからはタイムオーバーにならなければいいねと言われる始末で、肝心の中身がサハラファイターには追い付けずじまいでした。

2歳の入厩前の2頭の評価は
優秀で将来が楽しみなサハラファイター
対して
落ちこぼれのケイティブレイブ

デビュー後

デビューしてみても、最初からの差は引きずっており、サハラファイターは道営で新馬勝ちに対してケイティブレイブは新馬戦は8着に破れました。

しかし、その後サハラファイターはトモの甘さのためにスタート後にスピードに乗れれないレースが続き、毎回離れた最後方から捲る競馬になり、道営所属時代は新馬勝ち以外は特別戦一勝と上級認定2着一回という微妙な戦績になりました。

サハラファイター新馬戦

サハラファイターペガスス座特別

サハラファイターJRA上級認定ウィナーズ

対してケイティブレイブはデビュー戦こそ破れましたがダートに変わるや一辺。

ダート変わりで大穴で2着に食い込と今度はスタート後の最初のカーブで外に飛んでいき、向こう正面では残り千メートル以上から捲っていき先頭にたちそのまま圧勝で押しきる破天荒ぶりなレースをしてダート適性の高さを示しました。

https://www.youtube.com/watch?v=iHRz3wABl_w

その後も超ハイペースのプラタナス賞では粘りに粘って三着に。

https://www.youtube.com/watch?v=zYSE13JHgHs

超ハイレベルのヒヤシンスステークスでは四着に入るなど、サハラファイターとは打ってかわって牧場時代では考えられない活躍をしていました。

https://www.youtube.com/watch?v=rGO80GbTYmQ

そしてついに先日、兵庫チャンピオンシップを勝ち重賞勝ち馬にまで登り詰めました。

https://www.youtube.com/watch?v=PHC8lFM-h70


対して サハラファイターはトモの甘さのため後方からしか競馬が出来ないため地方では不利なため中央に転厩。

この中央転厩が転機となり、初戦こそ芝を使って大敗しましたが、ダートに変わり5着と一変。

ちなみにこの時の500万はレベルが高くその時の掲示板メンバーはその後

グランセブルスが重賞3着、クリノリトミシュルが勝利、ピットボス2着、レッドウィズダム勝利、そしてサハラファイターが2着→1着

と軒並み次走で好成績を上げました。

サハラファイターもその後500万を2着したあとに、先日わらび賞(500万特別)を勝利(当日の古馬1000万下の勝ちタイムより早いおまけ付き)して3歳オープン入り。

https://www.youtube.com/watch?v=UtmW61WdmW4

サハラファイターも期待馬としての姿をようやく見せてくれ始めました。

実績面ではすでに二歩先をいった元落ちこぼれのケイティブレイブと、ようやく追い付き始めた牧場の期待馬サハラファイター

ちょっと大げさに言うとナルトとサスケみたいな関係です(笑)

距離適性は酷似していて、脚質は逃げと追い込みという真逆のこの2頭が本格化した時に勝負したらいったいどっちに軍配が上がるか?
今から非常に楽しみです(^-^)

ちなみにどちらも自分は調教をつけてましたが、サハラファイターには尻っぱねをされて一本背負いをくらい、ケイティブレイブには引っ張ってる最中におおい被さられるという目にあっており、2頭とも非常に記憶に残ってます(笑)

いつか2頭が最後の直線で叩き合う姿を見てみたいですね(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です