桃田賢斗闇カジノで五輪絶望に引退(解雇)?年収や画像等!

Sponsored Links

リオ五輪代表で金メダル候補筆頭だった桃田賢斗選手が会社の先輩で同じくバドミントン選手の田児賢一といっしょに裏カジノに出入りしていた事が発覚して波紋をよんでますね。

前回の記事では田児賢一さんについてとりあげましたので、今回は桃田賢斗さんについて調べてみました。

桃田賢斗選手ってどんな人?

桃田賢斗

桃田賢斗 (ももた けんと)

1994年9月1日生まれ

21歳

身長 175㎝

最高日本ランク1位

最高世界ランク3位

福島県立富岡高等学校卒業

NTT東日本所属

来歴

小学1年より姉が通っていたバドミントンスクールのコーチに誘われて、バドミントンを始める

6年生時に全国小学生選手権大会シングルスで優勝

2009年中学3年時に全国中学バドミントン大会で優勝

高校に入学後は国際大会を中心に周り、2012年は、アジアユース選手権男子シングルスで優勝し団体戦と合わせて二冠達成

同年のインターハイも優勝し世界ジュニアシングルにて優勝を決め日本人初の世界ジュニアランク1位に輝いた

その後高校卒業までに世界ランクも50位まで浮上させた

NTT東日本に入社後も力をつけて入社1年目で国際大会のUSオープンと中国オープンにてベスト4入り

2014年はトマス杯優勝

2015年はシンガポールオープン、インドネシアオープン、スーパーシリーズファイナル優勝と頭角を現し、2016年のリオ五輪では優勝候補に挙げられるまでに力をつけた

闇カジノ出入りで五輪は絶望?

今回の闇カジノ出入りの一件で五輪出場の選考で落とされる可能性が非常に高くなったと言われています。

またJOCの理念が

JOCの使命は、全ての人々にスポーツへの参加を促し、健全な肉体と精神を持つスポーツマンを育て、オリンピック運動を力強く推進することにある。オリンピックを通じて、人類が共に栄え、文化を高め、世界平和の火を永遠に灯し続けることこそ、JOCの理想である。

[JOCより抜粋]

となっており、闇カジノのように反社会勢力である暴力団の資金源と繋がりやすい事にお金を使った事はJOCの理念と真逆の事をしてしまっているので、いくら金メダル候補とはいえ、選考から外されると予想されるようです。

Sponsored Links

NTT東日本は解雇するのか?

これについてですが、本来職場外での違法賭博は懲戒解雇の対象にはならないようです。

しかし

裁判所は、「当該行為の性質・情状のほか、会社の事業の種類・態様・規模、会社の経済界に占める地位、経営方針及びその従業員の会社における地位・職種等、諸般の事情から綜合的に判断して、右行為により会社の社会的評価に及ぼす悪影響が相当重大であると客観的に評価される場合」(最二判S49.3.15)という判断基準を示している。

[労務情報様より抜粋]

とありますので、今回の場合リオ五輪金メダル候補の所属する会社という事から社会に与えるNTT東日本のイメージが損なわれる可能性は十分あり、また昨今の野球賭博に対する厳しい処分(懲戒解雇)なども考慮すると桃田賢斗さんが解雇される可能性は十分すぎるくらいあり得ます。

年収は?

闇カジノに通うくらいですから、相当お金が余ってそうなイメージがありますよね?

しかし前回、同じく闇カジノに出入りしていた田児賢一さんの時にもいいましたが、バドミントン選手というのは総じて年収が低いです。

その最大の理由がほとんどの国内試合では賞金がなく、また賞金があっても数百万程度、ダブルスになると賞金は半額になるなどかなり厳しいのが現状です。

そして、元日本ランク1位で世界ランク8位であった池田信太郎選手で、最高年収が700万~800万ほどだったようです。

世界ランク3位である桃田賢斗さんの場合はそれでも1000万くらいと予想されます。

田児賢一さんの場合は一回に100万使ったり、1日で200万負けたり等かなりの金額を使っていて、そのお金の出どころがどこなのかきにりましたが、桃田賢斗さんの方は20万ほどでわりかし普通の金額で賭博をしていたみたいです。

それでも、そのような行為をリオ五輪出場予定の選手がしていたというのはいただけませんよね。

他にも後輩の選手を連れていったりしていたようで、これからしばらくはバドミントン界に波紋が広がり続けるかもしれませんね。

バドミントン協会にはしっかりと取り調べをして、関わっていなかった選手は絶対にそのような反社会勢力に近づかないようにしていただきたいところです。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ