何者(映画)の主題歌やロケ地は?原作の感想やネタバレ等!

Sponsored Links

『桐島、部活やめるってよ』で有名な朝井リョウさんの直木賞作品の『何者』が実写映画化されて、2016年10月15日公開されますね!

原作を2年ほど前に読みましたが、就活で起きる人間関係の苦悩をよく表した作品で、自分は就活をしたことがなかったので、非常に新鮮味がり面白かった記憶があります。

さて、今回はそんな何者が映画化されるというわけで、気になる主題歌やロケ地の情報などを調べてみました!

何者のあらすじ(ネタバレ注意)

何者 映画

2012年11月30日新潮社より出版

第148回直木賞三十五賞受賞作品

内容(ネタバレ含むので注意)

御山大学(架空の大学)に通う大学生たち5人の、就職活動を中心とした人間関係を描かれている。

主人公の二宮拓人の1人称視点で物語は進んでいく。

主人公である二宮拓人は、回りを見る能力に長けたところがあり、それ故に普段は仲間と調和をとりながらも、Twitterの複アカウントを介しては、仲間内の間では言葉に出さない色々な事を第三者視点で吐き出していたり、以前自分が所属していた劇団のネットでの評価(主に叩かれている様子)をチェックするなど、今時のネットと現実で裏表のある若者の描写があり、他の仲間も往々にして今時の若者をリアルに描かれている。

読んだ感想として、作品全体を通して自分がどうありたいか?という事よりも、他人からの評価ばかりを気にして本来の道筋を誤った就職活動をしている若者にもう一度『自分は何のために就職活動をしているのか?』ということを訴えかけているように感じました。

 

Sponsored Links

ロケ地は?

アミューあつぎ映画シネマ.comより『何者』のエキストラを募集しており、場所が奈川県厚木市内で撮影内容が劇場の客とあるのでおそらくそこで一部のロケが行われると思います。

ちなみに場所はこちらになります。

まだ募集しており、こちらから応募できますので興味がある方は参加してみてはどうでしょうか^^

主題歌は?

主題歌について調べてみましたが、今現在はまだ発表されておらずわかっておりません。

ただ、ネットでは『朝井リョウの世界観では高橋優があっている』という意見が多数あり、また主演で拓人役の佐藤健と高橋優は同じ事務所で仲がいいので可能性は高いと思われます。

まとめ

『何者』の原作を読んだり、映画を観た就職活動中の学生や、これから就職活動に取り組む方たちには、今一度他人が決めた何者ではなく、自分が何者になりたいか?というのを考えなおしてほしいものですね^^

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ