パチスロAT機の終焉

Sponsored Links

昨日、警察庁と一部のメーカーによる会合のなかで、
パチスロの型式試験について警察庁より通達があったことが、
パチスロメーカー関係者の話で明らかになった。

9月16日の保通協申請持ち込み分から、出玉試験の下限(出率55%)試験を、
ずっと左打ち(順押し)にしてナビも無視する試験にすると警察庁から話があったようだ。

同関係者によると、「結果的に、現行AT機、ART機(ボーナス非搭載や、ボーナスが主でない機種)は、
実質計算が成り立たたなくなるため、試験が通らない。
通常から1000円あたりのゲーム数を45ゲームぐらいまで上げないと、下限規制をクリアできない」という。

現在、主流の仕様が今後は販売できなくなるだけに、パチスロ市場に与える影響は甚大になること必至だ。
http://www.yugi-nippon.com/?p=861

 

ついに五号機終焉の時がきましたね。

すでに4号機の時に規制して、五号機は遊びやすくするというのが微塵も残ってない現状ではしかたのないことなのかもしれませんね。

規制によりどう変わるのか?

ゼロボAT機、ギャップCT機(MB)などの実ボーナス非搭載機は、その通り45G/1kぐらいの台しか出せなくなりそうです。純増も低下。この情報だけだと、純増1.2枚前後のART+ボーナス搭載機がメインになりそうとのことです。

つまり、初代エウレカ等がメインになってきそうな感じになりますね。

しかし、純増二~三枚になれたいまのスロッターにそのシステムを受け入れろというのは酷な話ですね。

Sponsored Links

この規制で出せるであろう過去の名作台

初代マジカルハロウィン

マジはろ

初代エウレカ

エウレカ

初代リンかけ

初代 りんかけ

エヴァまごころ

エヴァ まごころ

 

こんなところになりそうですね。

ネットでは批判的な意見が多いですが、数万じゃまともに遊べず、遊技機器としての範囲を超えてしまっており、ハイリスクローリターンな現状の台がなくなるのは、個人的には賛成です。

元々出目等を楽しむのがパチスロだったのに、今の機種は運任せなところを楽しむという、本当に完璧なギャンブルといえる台になってしまっているので、これを機会に、メーカーが本腰をいれて改革にのりだしてほしいものですね。

規制によるスロプロ、エナ専等に収入はどうなる?

2007前後の四号機から五号機に移り変わったとき、プロは激減しました。

この時の理由は稼げなくなったからです。

では実際に彼らの年収はどのように変動したのでしょうか?

四号機全盛期のプロは年収500万以上は、当たり前で一千万クラスもちょくちょくといました。

それが五号機の突入に伴い、200~300くらいまでおちこみ本当に稼げてる人でも800万ほどに落ち込んでしまうという事態に陥ってます。

この200~300も、最近の天井やゾーンが狙える台が出てきてくれたおかげというのもありますので、今後Aタイプ主流になると、設定狙いの正統派以外はまた壊滅的な状況に陥ると予想されます。

しかし、そもそも設定を入れてくれる店自体が減ってきている上に、パチンコ税なども控えていることを踏まえるとパチプロには厳しい未来しか待っていないように感じます。

 

こうなってくるとしっかり先を見据えて貯蓄していたプロと毎日キャバクラ等で飲み歩いていたプロとで、人生が別れそうですね。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ